1: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 01:24:21.044 ID:9yK3GhCv0
女「――ん?」


ボトッ


ステーキ「いてて……」

女「きゃぁぁぁぁぁ!」

ステーキ「親父め、荒っぽいマネしやがって……」

女「いきなりステーキが落ちてきたわ!」

ステーキ「どこだここ……」キョロキョロ




2: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 01:25:33.264 ID:jCESgZsC0
俺には早い高度なスレ



3: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 01:26:01.061 ID:9yK3GhCv0
ステーキ「おい女」

女「きゃぁぁぁっ!」

ステーキ「なんでそんな驚いてるんだよ」

ステーキ「お前にとって、ステーキってのはそんなに珍しいのか?」

女「うーん……あんまり珍しくないかも」

ステーキ「なら驚くことないだろ」




4: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 01:26:14.753 ID:UmbA0ZFs0
続けたまえ



5: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 01:26:57.758 ID:a/VPgvd+0
うん



6: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 01:27:01.548 ID:Q6w/uKftp
ステーキって素敵イケメンみたいなもんなのかなと思ったら普通にステーキだった



7: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 01:27:27.518 ID:lcHknPEfa
ハンバアアアアアアアアアアアアグ!



8: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 01:28:24.334 ID:9yK3GhCv0
ステーキ「聞きたいことがあるんだが」

女「しゃべってるぅぅぅぅぅ!」

ステーキ「なんでそんな驚いてるんだよ」

ステーキ「お前にとって、しゃべる奴ってのはそんなに珍しいのか?」

女「うーん……あんまり珍しくないかも」

ステーキ「なら驚くことないだろ」

女「でも……しゃべるステーキは珍しいわ!」

ステーキ「理解したッ!」




9: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 01:30:02.051 ID:9yK3GhCv0
ステーキ「女、ここはどこだ?」

女「ここは……日本よ」

ステーキ「ニホン……人間界にある国家の一つだな」

ステーキ「よし女、とりあえずお前の部屋に俺を連れていけ」

女「えぇ~……」

女(でも困ってる人を見かけたら、助けてやれっていうのがおじいちゃんの遺言だし……困ってる肉だけど)

女「分かったわ、ついてきて」

ステーキ「よろしく頼む」




10: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 01:31:04.722 ID:lrU/VQZcp
神スレの予感



11: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 01:32:18.116 ID:9yK3GhCv0
―アパート―

ステーキ「一人暮らしか……なかなか悪くない部屋だな」

女「そう?」

ステーキ「四方を鉄板に囲まれてれば、完璧だったがな」

女「そんな部屋にいたら、夏場死んじゃうわよ!」

ステーキ「しばらく世話になるぞ」ゴロン…

女「それはいいけど……あなたって何者なの?」

ステーキ「俺か? 俺はステーキ界の王子だ」

女「王子!?」

ステーキ「なぜ王子である俺が、人間界に来たかというと……」




12: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 01:32:24.079 ID:jCESgZsC0
なんかこう、GANTZの巨人の家に行く時思い出した



15: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 01:35:16.372 ID:aXHA5vnRd
>>12
田中星人?




13: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 01:32:29.787 ID:yUF1/AeG0
これぐらい勉強にも力を入れてれば



14: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 01:34:08.231 ID:9yK3GhCv0
~回想~

―ステーキ界―

ステーキ王「来たか」ジュワァァァ

ステーキ「親父、いきなり呼び出してなんの用だ」ジュワァァァ

ステーキ王「お前ももういい年になった……」

ステーキ「お? ってことは、やっと俺に王位を譲る気になったか?」

ステーキ「いつまでも老いぼれが王様じゃ、国民だってかわいそうだしな」

ステーキ王「いいや……その逆じゃ!」

ステーキ「!?」




16: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 01:36:03.561 ID:aXHA5vnRd
ああアポカリプスか



17: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 01:36:21.516 ID:9yK3GhCv0
ステーキ「逆ってどういうことだよ!?」

ステーキ王「お前にはまだまだ王の座は荷が重すぎるということじゃ」

ステーキ「なんだと!?」

ステーキ「いっておくが、俺はステーキ界一の上質な肉だと自負している」

ステーキ「俺が王になれば、ステーキ界はさらに発展するに決まってるんだ!」

ステーキ王「お前は、ステーキとは肉が上質であればそれでいいと思っておるのか?」

ステーキ「当然だろ?」

ステーキ「上質な肉をぐわっと焼く! これがステーキってもんだろ!」

ステーキ王「やはり、お前は何も分かっておらんな。今のままではとても王など務まらぬ」

ステーキ「なんだと~!?」




18: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 01:36:31.284 ID:Pg3TsJmKr
シーク物か



19: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 01:37:08.403 ID:aXHA5vnRd
カタストロフィだった



20: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 01:38:18.345 ID:9yK3GhCv0
ステーキ王「お前には修行に行ってもらう」

ステーキ「修行!? どこへ!?」

ステーキ王「人間界だ」

ステーキ「ふざけるな! いきなりそんなこといわれても――」

ステーキ王「問答無用! いきなりですまんが、人間界へ転移してもらうぞ」

ステーキ王「むんっ!」ジュワァァァ

ステーキ「うっ、うわぁぁぁぁぁっ!!!」




21: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 01:39:03.660 ID:OHwpibjNM
ステーキ界のお姫様はよ



22: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 01:39:21.723 ID:5BSCxRpTM
もういきなり言いたいだけやんこれ



23: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 01:40:16.801 ID:9yK3GhCv0
―アパート―

ステーキ「……というわけだ」

女「それで、いきなり私の前に落ちてきたわけね」

女(ありがちといえばありがちな話ね。登場人物がステーキなのを除けば)

ステーキ「おそらく、人間界でなんらかの成果を上げねば帰ることはできないだろう」

ステーキ「だから……そうだ! お前、俺を食ってみてくれ!」

女「ええ!? いきなり!?」

ステーキ「お前にうまいといわせれば、多分その時点で帰れるはずだ!」

女「分かったわ。じゃあ、遠慮なく」




24: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 01:42:28.259 ID:9yK3GhCv0
女「いただきます」モグッ…

ステーキ「どうだ? 俺はうまいだろう?」

女「うん……たしかにおいしいわ」モグモグ

女「だけど、なーんか物足りないのよね。肉がおいしいのはたしかなんだけど……」

ステーキ「なんかってなにが!?」

女「そんなこと聞かれても、私はグルメ評論家じゃないからうまく答えられないわよ!」

女「でも……物足りないってのはたしかよ。多分、私じゃなくてもそう感じると思う」

ステーキ(うむむ……親父のいうとおり、俺はまだまだ未熟だったということか!)

ステーキ(仕方ない……しばらく人間界に留まるとしよう)




25: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 01:43:34.748 ID:8IDE07Bd0
ぼくのお肉をおたべよ



26: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 01:43:42.176 ID:Wx0Pkfly0
いきなりステーキ言いたいだけやろと思ったら真面目にやってた



27: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 01:44:20.972 ID:9yK3GhCv0
ステーキ「そうと決まれば腹が減った。なにかメシを出してくれ」

女「え!?」

ステーキ「不服か?」

女「っていうか、あなたご飯食べるの?」

ステーキ「食べるよ」

女「なんで!? 食べ物なのに!?」

ステーキ「食物連鎖って知ってるか?」

ステーキ「大きな動物に食べられる小動物とて、草や昆虫などを食べて生きているのだ」

ステーキ「食べられる立場の者が、何かを食べてもなんら不思議はないじゃないか」

女(うーん、納得いくようないかないような)




28: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 01:46:11.950 ID:9yK3GhCv0
女「ま、いいわ。残り物でいいならすぐ出してあげる」

女「ほら、ご飯とお味噌汁」

ステーキ「ほう、これはこれは……」

ステーキ「まずは味噌汁から」ジュルッ…

ステーキ「――!」ハッ

女「いきなりどうしたの?」

ステーキ「そうか……そういうことだったのか!」

女「えっ、いきなりどうしたの!?」




29: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 01:48:04.564 ID:9yK3GhCv0
ステーキ「女、この部屋をできる限り暑くしてくれ! 早く!」

女「分かったわ!」ピッ


ゴォォォォォ…


女「エアコンの設定温度を80℃にしたわ!」

ステーキ「かたじけない」


ムワァァァ…


ステーキ「……」

女(あっつぅ~……だけどこれで一体どうなるというの……!?)




30: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 01:52:04.701 ID:9yK3GhCv0
ステーキ「……」ダラダラ…

女(ステーキが汗をかいてる!?)

女「あっ、分かった! ――肉汁か!」

ステーキ「その通り!」ダラダラ…

ステーキ「うまいステーキには、ほっぺたが落ちるような肉汁がつきもの!」ダラダラ…

ステーキ「今までの俺にはそれがなかったんだ!」ダラダラ…

女「あ~、たしかに! さっき食べた時もまったく肉汁を味わえなかったもの!」

ステーキ「しかし、これでコツを掴めた! 俺はもう自在に肉汁を出せる!」

ステーキ「それと同時に、俺にはまだまだ足りないものがあると実感させられた!」

女「たとえるならスポーツで上達したら、かえって上級者との差を思い知った、みたいなことね」

ステーキ「そういうことだ」

ステーキ「だが、俺はこの調子で自分に足りないものをどんどん見つけてみせる!」

ステーキ「協力してくれるか、女!」

女「もっちろん!」




31: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 01:54:32.804 ID:9yK3GhCv0
―会社―

女「……って、なんで会社までついてくるのよ」

ステーキ「お前についていけば、さらなるヒントが得られるかもしれないからな」

女「まぁ、好きにすればいいけど、仕事の邪魔はしないでよ!」

ステーキ「分かっている」フワァァァ

女(ステーキのいい匂いが……。こいつがいるだけで十分仕事の邪魔になるっつーの!)




32: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 01:55:01.378 ID:nxAIOaGW0
シャケだあああああ



33: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 01:56:24.286 ID:9yK3GhCv0
イケメン「やぁ、女さん」

女「おはよう、イケメンさん」

イケメン「会社にステーキを持ってくるなんて、君はなかなかユーモアがあるね」クスッ

女「持ってくるっていうか、勝手についてきちゃったんだけどね」

イケメン「――そうだ!」

イケメン「おいしいステーキの店を知ってるんだけど、よかったら今晩どうだい?」

女「ホント? どうしようかな……」



ステーキ「……」




34: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 01:57:42.592 ID:/IPTZeDIa
再放送すき



35: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 01:58:42.489 ID:9yK3GhCv0
ステーキ「ふんっ!」ピョンッ

ジュワァァァ…

イケメン「!? ――あちっ、あちぃっ!」

女「ステーキ!?」

イケメン「あちちちち……」ヒリヒリ…

女「イケメンさん、大丈夫?」

イケメン「うん、大丈夫……」

イケメン「それにしても驚きだ。いきなりステーキが飛びかかってくるなんて……」

女「彼は世にも珍しい、しゃべるステーキなのよ」

イケメン「そ、そうなのかい。それじゃボクはこれで……」スタスタ




36: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 02:02:07.892 ID:9yK3GhCv0
女「ちょっと! イケメンさんになんてことすんのよ!」

ステーキ「悪い、ついヤキモチを焼いちまって。あ、いやヤキニクか?」

女「ヤキモチを焼かれるのは悪い気分じゃないけど、加減を考えないと!」

ステーキ(ヤキモチ……焼かれる……加減……)

ステーキ「そうか、そういうことか!」

女「え、なになに? またなにか閃いたの?」

ステーキ「ああ、俺は今までステーキとは焼かれまくってナンボだと思っていたが」

ステーキ「客の好みに合わせて、千差万別の焼き加減を生み出せなければ真のステーキとはいえない」

ステーキ「レア、ミディアム、ウェルダンと、さまざまな焼け方をマスターしなければならないんだ!」

女「そうね……! 私はどっちかといえばレアが好きだし」

ステーキ「またしても、自分に足りないものを発見できた! ありがとうよ!」




37: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 02:06:33.730 ID:9yK3GhCv0
―アパート―

女「……よし、これは正解!」

ステーキ「なにをやってるんだ?」

女「『頭の体操』っていう、頭のクイズよ。あなたもやる?」

ステーキ「ふん、いきなり一瞬で解いてやろう。どれどれ」


・水族館でアシカ使いの美女がアシカに口移しで角砂糖を与えた。
 すると、観客の男が「俺ならもっと上手くできる」といって、うまくやってみせた。
 男はアシカのトレーナーの経験などないのに、なぜ可能だったのだろうか。


ステーキ「口移しなんてアシカがよほど懐いてなきゃできないだろ」

ステーキ「う~む……アシカを魅了するフェロモンでも持ってたとか?」




38: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 02:08:18.919 ID:9yK3GhCv0
女「答えはこうよ」


・男はアシカのマネをして美女から角砂糖をもらった。


ステーキ「なんだそりゃ!? こんなの分かるわけないぞ!」

女「だから『頭の体操』なのよ。頭をやわらかくしないと解けないようになってんだから」

ステーキ(頭をやわらかく……やわらかく……)

ステーキ「そっ、そうか!」




39: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 02:10:17.620 ID:9yK3GhCv0
ステーキ「俺は今まで、肉は噛みごたえがなければならないという考えだったが……」

ステーキ「それだけじゃダメだったんだ!」

ステーキ「柔軟さを備えなければ、ほっぺたが落ちるようなおいしさにはなれない!」

女「そうね、やわらかければお年寄りも安心して食べられるしね」

ステーキ「よぉし、今日は『頭の体操』を解きまくって、やわらかくなってやる!」

女「ファイト!」




40: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 02:14:24.110 ID:9yK3GhCv0
―アパート―

女「お化粧しなくっちゃ」ポンポン

ステーキ「毎日毎日大変だな、女ってのは」

女「だけど、しないわけにもいかないしね」

ステーキ「しかし、化粧なんてのはしょせん素材を台無しにするだけの行為だと思うがな」

女「あら、そんなことないわよ」

女「わずかな化粧が、素材の魅力をアップさせることだってあるんだから」

ステーキ「――!」ハッ

ステーキ「た、たしかに……!」

ステーキ「またも気づいてしまった……俺に足りないもの!」




41: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 02:15:15.504 ID:FFaMIB3W0
エアコン80度設定って並みの知能では思い付かない芸当だと思った



42: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 02:18:02.251 ID:9yK3GhCv0
ステーキ「俺は素材の味を追い求めるあまり、調味料というものを嫌っていた……」

ステーキ「塩コショウや、バター、ソースは質の悪いドーピング薬物としか思ってなかった」

ステーキ「調味料に頼った料理はみんなベンジョンソンだと決めつけてた!」

ステーキ「だが、そうじゃなかった!」

ステーキ「調味料の性質を見極め、適切な量をふりかければステーキの味はさらに引き立つ!」

ステーキ「そう……化粧する女性のように!」

女「あまりに厚化粧なのもなんだけど、必ずしもスッピンが一番いいとは限らないものね」

ステーキ「よし……俺はさらに王たるステーキに近づいたぞ!」




43: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 02:20:05.079 ID:9yK3GhCv0
―会社―

ステーキ(しかし、まだ足りない……まだなにか足りないんだ。ピースがあと一つ……)


イケメン「やぁ、女さん、ステーキ君」


ステーキ「……」ギロッ

女「こら、睨まないの!」


イケメン「ハハ……いいよいいよ」

イケメン「ところで三時だし、おやつにポップコーンでもどうかなと思ったんだけど……」


女「あ、おいしそう!」

ステーキ(ポップコーン……)




44: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 02:22:08.126 ID:9yK3GhCv0
ステーキ(コーン……)

ステーキ(コンコン……キツネ……きつねうどん……油揚げ……油……オイル……)

ステーキ(オリーブオイル……もこみち……女性に大人気……黄色い声援……)

ステーキ(黄色……トウモロコシ……)

ステーキ(トウモロコシ!?)



ステーキ(そうか! 分かったぞ!)




45: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 02:24:36.345 ID:9yK3GhCv0
ステーキ「俺がステーキとして完成するための、最後のピースはトウモロコシだったんだ!」

女「ええっ!?」

イケメン「たしかに、ボク行きつけのステーキ店でも、ステーキにはコーンが添えられてる!」

ステーキ「だろ?」

女「でもどうしてコーンなの?」

ステーキ「多分、トウモロコシの甘さが肉の旨味を倍加させるとかそんな理由じゃないか?」

イケメン「茶色い肉の隣に、黄色いコーンがあると色彩的にも美しいしね」




46: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 02:26:57.256 ID:9yK3GhCv0
イケメン「それに……コーンを食べた翌日あたり、トイレで便の中に消化されてないコーンを見かけると」

イケメン「なんだかとても愛おしくなるんだ! “消化されずによく頑張った!”って……!」

ステーキ「分かる分かる! 嬉しくなるよな!」

イケメン「ちょっとしたお宝を見つけたような気分だよ!」

ステーキ「お前、案外話せる奴だな!」

イケメン「君こそ!」

ガシッ!



女(妙なところで意気投合してる……)




47: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 02:30:04.196 ID:9yK3GhCv0
ステーキ「よぉ~し、今までに学んだことを全部出し尽くしてみるか!」

ステーキ「たっぷり肉汁出して!」ダラダラ…

ステーキ「適切な焼き加減で焼けて!」ジュワァァァ…

ステーキ「やわらかくなって!」トローン…

ステーキ「調味料で化粧して!」パッパッパッ

ステーキ「トウモロコシを添える!」ジャキーンッ


ステーキ「さぁ、俺を食べてみてくれ!」


女「いきなり試食会か……あなたらしいわね」

女「いただきます」モグッ

イケメン「ボクも」モグッ

二人「!!!」ビビビッ




48: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 02:30:27.584 ID:FFaMIB3W0
もともと畜産農家が牛の飼料用にコーン大量に作ってたりするから、手持ちの材料をステーキにも添えただけ…とは言わないのか



49: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 02:32:09.768 ID:9yK3GhCv0
女「お、おいひい……!」

女「前の時とは比べ物にならないほどおいしい!」

イケメン「なんて味だ! ほっぺたが落ちて、地面を貫いて、ブラジルまでいってしまいそうだ!」

イケメン「コーンももちろんおいしくて、今から明日のトイレが楽しみだよ!」


ステーキ「ありがとう、二人とも……!」





『ふっふっふ、見事じゃ!』




50: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 02:34:19.605 ID:9yK3GhCv0
ステーキ「この声は……親父!? 相変わらずいきなりだな!」

ステーキ王『今までのことは全て見ておった』

ステーキ王『どうやら、ようやく王にふさわしいステーキとなれたようじゃな』

ステーキ「おかげさまでな」

ステーキ王『さていきなりで悪いが、お前には帰ってきてもらう』

ステーキ王『お前には、少しでも早く王としての経験を積んでもらわねばならんからのう』

ステーキ「分かったよ……親父!」




51: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 02:38:21.898 ID:9yK3GhCv0
ステーキ「……二人とも、どうやら今ここでお別れみたいだ」

女「!?」

ステーキ「親父にとっとと王様になれって、呼び出されちまったからな」

女「そ、そんな! いきなりすぎるわ!」

イケメン「そうだよ! せっかく仲良くなれたのに!」

ステーキ「すまない……ま、元々俺はステーキ界の住人だし、あまり長居するわけにはいかないんだ」

ステーキ「何事もいきなりってのは、ステーキ界の宿命だしな」

ステーキ「女、色んなことを教えてくれて本当にありがとう」

女「ステーキ……!」

ステーキ「イケメン、お前になら彼女を託せる。頼んだぞ」

ステーキ「未消化のコーンを愛するように、彼女を愛してあげてくれ……」

イケメン「もちろんさ!」




52: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 02:39:38.083 ID:H6zHodKKa
例えが最高に汚い…



53: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 02:40:22.608 ID:9yK3GhCv0
ステーキ「さよなら……二人とも!」

ジュワァァァッ!!!





女「ステーキーッ!!!」

イケメン「ステーキ君っ!」

…………

……




54: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 02:40:33.766 ID:H6zHodKKa
と言うか再放送だったか



55: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 02:44:00.740 ID:9yK3GhCv0
……

スタスタ…

イケメン「今夜は≪いきなりステーキ≫に行こうか!」

女「うん、賛成!」

女「……」

イケメン「どうしたの?」

女「いえ、“いきなり”……しかもステーキっていうと、どうしてもあいつを思い出しちゃって……」

イケメン「彼か……彼なら、絶対にステキな王様になってるに決まってるさ!」

女「うん……そうよね!」




56: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 02:46:25.145 ID:9yK3GhCv0
―ステーキ界―

ステーキ大臣「こちらの書類が今期の国家予算の内訳となります」バサッ

ステーキ「あいよ!」

ステーキ「あ~、忙しい、忙しい!」ジュワァァァジュワァァァ

ステーキ大臣「ところで、外務担当の者から、ステーキ界発展のために人間界と交流したいという」

ステーキ大臣「申し出が出てるのですが、いかがいたしましょう?」

ステーキ「ほう、面白い……やってみろと伝えろ!」

ステーキ(よぉし、いきなりあいつらに会いに行って、驚かせるのも悪くないな!)





―終―




57: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 02:50:03.145 ID:Zu8zaqUb0
いきなり言いたいだけだろと思ったら何気に良作でステーキ吹いた



58: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 02:50:26.463 ID:i1ugJShCp
センスはあるのに筆が乗ってからは自分の書きたい自分にとって楽しい勢いで作っちゃってて他人から見ると面白く無い蛇足が綴られている感じ
最初だけ面白いのは最初だけは勢いで書かずちゃんと考えを練って書いたからだろう
全部しっかり考えて書けば最初から最後まで面白いのかけると思う




59: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 02:52:54.202 ID:8IDE07Bd0
おつかれ



60: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 02:55:02.742 ID:uwkRNs/t0
そもそも再放送です



61: 以下、つう速報からお送りします 2017/11/14(火) 03:02:12.886 ID:UnZTZu8qr

ステーキ食いたくなった




元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1510590261/



  このエントリーをはてなブックマークに追加

よろしければ、読者登録はいかがですか?RSS配信中です