スポンサードリンク
創造者エロヒムからのメッセージ
創造者たちからのメッセージ 「地球人は科学的に創造された」
人気ブログランキングへ
Yahoo!ネット募金
平成30年7月豪雨緊急災害支援募金
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
スポンサードリンク
相互RSSが表示されます。最新ブラウザを使用下さい。

投稿日:

1: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 13:17:20.994 ID:rCMgO90/0
正直どこから勉強しよっかなって思って
レイテとか色々調べてみたいけど、分からないことが多いからやっぱり最初からの方がいいかな

2: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 13:18:42.944 ID:rCMgO90/0
艦これとかやってるけど史実とかまったく勉強せずにやってるからなんかなぁって感じ

3: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 13:18:48.479 ID:9ZEEZyl60
日本の第二次でいいんじゃね
神風特攻とか見てておもろいよ、資料もいっぱい残ってるしな

7: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 13:21:25.768 ID:rCMgO90/0
>>3
やっぱww2からだよねありがとう!
特攻に関しては厨房の頃修学旅行で知覧行った後猛勉強したことがある

8: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 13:23:45.948 ID:9ZEEZyl60
>>7
沖縄本土決戦なら恩納村の戦いの少年兵の護郷隊
女性の学徒隊のひめゆり部隊とか
欝になるけど超面白いよ

11: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 13:27:06.332 ID:rCMgO90/0
>>8
ひめゆりも厨房の頃映画で見たな。あれはキツかった。
それ以外に関しては知らないから見てみるよ!

4: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 13:19:00.181 ID:rCMgO90/0
ちゃんと勉強すればめっちゃおもろいんかな

5: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 13:19:00.767 ID:vqjq1OMxd
日本なら明治から学ぶと面白い、米ならブレクール砲塁攻略戦からを学んだ

9: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 13:24:01.394 ID:rCMgO90/0
>>5
明治かあ、てことはww1も勉強できるな

6: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 13:20:02.533 ID:awFu3boQ0
太平洋辺りの日本軍はゴミクズだから知れば知るほど嫌いになるぞ

10: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 13:25:11.108 ID:rCMgO90/0
>>6
あの頃って戦争に行けば神風が吹いて絶対勝つみたいな考えがあったって聞いたことあるわー

17: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 13:32:19.434 ID:vqjq1OMxd
>>10
実は上層部も国民もうすうす気づいてはたけどな、上は保身の為に無茶な作戦立案し、国民は日本特有の全体主義から外れる恐怖からイヤイヤ行った

20: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 13:36:04.460 ID:rCMgO90/0
>>17
あの頃の人たちは国のため国のためって死んでったけど、俺なら絶対逃げるわそんなの。でもその人たちのお陰で今生きてるって考えたらなぁ南無南無

23: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 13:40:27.204 ID:vqjq1OMxd
>>20
俺逃げる→残された家族が村八分に

俺戦う→残された家族が路頭に



詰んでる

24: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 13:42:29.045 ID:rCMgO90/0
>>23
前者だと配給とかもらえなくて飢え
後者も働き手居なくて結局飢え

どっちもくそだな

72: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 16:52:58.668 ID:fJz8Wd970
>>17
検閲されてる新聞ラジオしか情報源が無いから国民は普通に日本勝ってると思い込んでたよ
フィリピン・インドネシアを中心に食料生産拠点になる占領地がいっぱいあったから全然大丈夫って思い込んでた
結局アメリカに輸入経路から断たれたから食料不足に陥ったけどな
あと日清戦争・日露戦争の成功体験がデカすぎたんだよ

12: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 13:29:08.384 ID:Pk04HcKn0
基本的な世界史は頭の中いれたか?

14: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 13:30:09.013 ID:rCMgO90/0
>>12
まあまあね。超基礎的なことしか覚えてないよ。

13: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 13:29:23.146 ID:9ZEEZyl60
まぁ日本じゃないけどスターリングラードの戦いと朝鮮戦争は勉強する価値あり
朝鮮戦争は国連が動いた話だしね

15: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 13:30:53.194 ID:rCMgO90/0
>>13
まったく知らねぇわそれお前詳しいな!!!

19: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 13:34:30.840 ID:9ZEEZyl60
>>15
まぁ大雑把なことしか知らないけど、ミリタリー系は苦手
スターリングラードは戦車同士の市街戦が激アツ
てかyoutubeで戦史は見漁った
WW2はカラー映像結構あるし

21: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 13:38:04.840 ID:rCMgO90/0
>>19
戦車で市街戦とかwotでしかしたことないwww
ww2のカラー映像は少し残酷味が増して苦手なんじゃあ...見れそうなやつだけみるよ

16: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 13:31:09.298 ID:fdHd5WST0
戦史調べるならクリミア戦争から

18: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 13:34:13.777 ID:rCMgO90/0
>>16
どこそれ?クリミアってことはクリミア半島?ロシア?調べてみよ

25: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 13:43:12.894 ID:fdHd5WST0
>>18
ロシアの南下政策をトルコが止めた(イギリスが黒幕)
日露戦争もロシアの南下政策を日本が止めた(イギリスが黒幕)
大東亜戦争ではロシアの南下政策を止めようとしてイギリスと敵対した

26: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 13:46:38.885 ID:rCMgO90/0
>>25
上の二つはイギリスが黒幕なのに大東亜は敵対してるのね、そこんとこ調べたら面白そう。
消防の頃イギリスと日本とロシアの風刺画を教科書で見たことあるけどあれも関係してるんだろうね。

29: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 13:53:23.633 ID:fdHd5WST0
>>26
日露戦争の風刺画を描いたのはフランス人
フランスはカトリック国でイギリスドイツと殺し合うほど仲が悪い
ロシアはドイツの敵でカトリック国
日本はイギリスと同盟国、あとは地図を見てみよう

22: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 13:39:14.829 ID:rCMgO90/0
みんなwikiサーフィンしてるの?

27: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 13:47:41.236 ID:rCMgO90/0
おらワクワクしてきたぞ
どうせ暇だしwikiサーフィンしてくらぁ

28: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 13:48:32.159 ID:/tI0dgXor
防大入って防衛学学べ

30: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 13:55:21.113 ID:E08UgSFmd
戦史学ぶっても、今みたいに国と国の戦いから学ぶか、王と王の戦いから学ぶかで変わるだろ

ナポレオン戦争から国と国になるんで、そっから学んだら?
借金で戦争やる流れが嫌になる

62: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 16:44:24.334 ID:rCMgO90/0
>>30
最初に書いたように艦これとかでより面白くプレイできたらいいなって思って戦史かじりたいなって思った

70: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 16:50:43.226 ID:E08UgSFmd
>>62
艦これの世界観が分からんけど、太平洋戦争なんだろ?
太平洋戦争だけ学んだら良いんじゃないの?

74: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 16:53:35.378 ID:rCMgO90/0
>>70
歴史的要因とか過去の事柄を引用したりするときもあるから見といて損はないかと...

31: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 13:58:57.917 ID:fdHd5WST0
日清日露の頃の日本政府が非常にうまくやっていたのがわかる

32: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 14:15:46.446 ID:fdHd5WST0
張作霖とさえ手を結ばなければ日本が焦土と化すこともなかっただろうに

33: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 14:23:31.184 ID:E08UgSFmd
マンチュリアはソ連と中国の問題でこじれたのさ
ソ連はロシア時代に清とアイグン条約を締結して居り、マンチュリアの潜在的支配を保障されてた
国民党は九ヶ国条約を盾に、アイグン条約を認めず紛争に発展
関東州と南満鉄の支配権を持つ日本は焦った

34: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 14:46:42.313 ID:fdHd5WST0
>>33
それはわかるが、日本はイギリスと同盟していて中国はイギリスの傀儡だっただろ
蒋介石の要求=イギリスの戦略だ、乗らないのはおかしい
これでも日本は大陸に派兵できたしロシアを牽制するだけならこれでよかったはずだ
張作霖と結託するの下策だろ?

35: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 14:54:33.285 ID:E08UgSFmd
>>34
当時の中国は北洋軍閥時代で軍の親玉みたいな奴らが勝手に地域を治めてた
日本は対華21ヶ条で国民党はおろか、中国の労働者や学生にまで疎まれてた
また、アメリカが、イギリスのオープンドアポリシーに対抗するため国民党に接近
イギリスや日本の動向に警戒するよう釘を指していた
結局は、張作霖に頼るしかなかったのさ

73: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 16:53:11.235 ID:fdHd5WST0
>>35でE08UgSFmdさんが解説しているとおり当時の中国は
反政府軍事組織が台頭していてボロボロだった
その中で満州をガメたのが張作霖だった

36: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 14:57:49.862 ID:fdHd5WST0
永田鉄山クラスの陸軍幹部は蒋介石の要求に沿う形での防衛構想を持ってたんじゃないか?

37: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 15:03:56.151 ID:fdHd5WST0
中国人とは言っても辺境の馬賊と大学出のインテリとは同一じゃないだろう
抗日運動が激化したのは関東軍が手柄争いとばかりにゲリラ狩りと称する都市制圧をやったからだ

38: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 15:15:46.296 ID:E08UgSFmd
中ソ紛争の結果、ソ連と国民党は協力で一致してる
アメリカ、ソ連、国民党のパイプを逆手に取った事態解決を軍部の統制派は好み、皇道派は中国ありきの事態解決を好んだ
板垣征四郎が満州事変と並行して第一次上海事変を決行したのも、ソ連の指示で国民党の輩が上海を乗っとろうとして居り、絵を描いたのはアメリカだとフランスやイギリスにアピールしたかったから
フランスは二分割された上海租界の一方を単独で支配して居たので、有効ではあった

40: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 15:20:43.000 ID:fdHd5WST0
>>38
たしかに対仏=対露だからそれは正しい
だけど、フランスは日本と間接的に敵対してる、そんな外交は成立できない

39: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 15:17:10.806 ID:fdHd5WST0
それこそ張作霖が軍の親玉みたいな奴らの一人だったんだから
これを軍事的にバックアップするにはそれぞれの軍の親玉みたいな奴らを制圧しなきゃいけないぞ?
だったらイギリスが正統政府と認める国民党と合致できないなんて戦略構想からおかしくないか?

41: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 15:22:49.439 ID:E08UgSFmd
おかしくないよ
国民党はソ連の影響下に入ってた
張作霖を討伐しても、ソ連や国民党が日本の南満鉄の権益を保障したかは謎

そもそも南満鉄は元はロシアが作ったもん
イギリスの大陸鉄道とシベリア鉄道とを結ぶ重要な鉄道だった
当時の国際法では、鉄道主権なるもんが保障されてて、支配国の潜在的な主権が尊重されてたからな

43: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 15:26:40.433 ID:fdHd5WST0
>>41
ロシアを押し返す準備をしているのにイギリスアメリカと戦争する戦略構想がおかしくないのか?
ロシア一国だってアホほど強いのを身をもってしっていたんだろう?

46: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 15:47:07.827 ID:E08UgSFmd
>>43
フランスはイギリスを警戒
イギリスとアメリカは今も仲悪いし当時も仲悪かったからな
アメリカ太平洋艦隊の極東介入を防いでたのはイギリス

フランスに危機意識を持たせてアメリカを誘導し、国民党を落ち着かせる
イギリスが国民党を懐柔すれば、アメリカとソ連、両方に睨みを利かせる事が出来る
イギリスは国民党の求心力を下げる事で、中国解体を比較的早く進める事が出来るし、フランスはイギリスを利用して大陸権益を拡大出来る
一つの中国を解体する事は仏英日にとって利害が一致した

47: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 15:53:50.255 ID:fdHd5WST0
>>46
それは知ってる
だからこそ言ってるんだ敵がロシアならイギリスの味方をするしかなかっただろって

49: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 16:01:09.396 ID:E08UgSFmd
>>47
つまり、国民党はイギリスだけのもんじゃなかったのよ

52: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 16:05:56.701 ID:fdHd5WST0
>>49
そりゃそうだろう、日本だって一枚噛んでたわけだし
そうではなく、誰の裾にしがみつくべきかって時によりにもよって
馬賊の棟梁を選ぶのはおかしいだろって話だよ

53: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 16:12:01.967 ID:E08UgSFmd
>>52
アメリカ、ソ連を国民党から排除して、仏英、国民党、日の算段が良かったのよ
いずれ国民党はイギリスに解体され、軍の親玉と日本の王国はマンチュリアだけだから、仏英に許される

アメリカは指を咥えて見てるだけ
ソ連は日本と協力せざるを得ない
最後に笑うのはフランスよ

54: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 16:25:02.560 ID:fdHd5WST0
>>53
そうはならなかったじゃないか満州某重大事件が無くたって
アメリカが指を食わていられるわけはないんだ、日本の生命線が満蒙なら
アメリカの生命線は太平洋なんだから

57: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 16:40:55.152 ID:E08UgSFmd
>>54
だから、満州事変、満州国の建国よ
当然、仏英は認めない
国連は満州国を否認
板垣征四郎は上海租界を攻撃

仏英は、中立を宣言しアメリカはブチ切れた
でも、国民党勢力が上海で暴れたのは確かだから、アメリカ議会や世論は国民党に対し警戒
ソ連と国民党の関係がピックアップされ、連邦政府は追い詰められた
当初の計画は失敗したけど、日本の目的は達成出来たのさ

それをご破算にしたのはヒトラーと36年に成立したルーズベルト政権
ナチスは国民党に協力し武器支援
ルーズベルトは、ソ連との協力を何故か主張した
37年に日中戦争が発生し、ルーズベルトは隔離演説を発表
ルーズベルトは赤野郎だとなり、対日警戒は止めるべきの世論になった
39年にヒトラーが仏英と戦争を始める
イギリスは極東権益の人員物資が重要となり、日中戦争による日本のインドシナ進出を認められなくなった
ルーズベルトはニヤリさ

60: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 16:43:43.933 ID:fdHd5WST0
ちょっとまった、>>57が話についてこれないそうだ
ここまでのお互いの話を一旦整理したい

64: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 16:45:53.820 ID:rCMgO90/0
>>60
見てないうちに伸びすぎて訳が分からないんだまだ勉強不足だから優しくして

42: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 15:24:02.704 ID:/VKJpCIR0
戦史なんてのも良いがマンハッタンを学べ
戦後の歴史はあれ抜きに語れるものじゃない

44: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 15:33:23.375 ID:fdHd5WST0
満州権益をロシアと争う←わかる

45: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 15:45:53.618 ID:fdHd5WST0
表向きはモンロー政策をとるアメリカのせいにしたところでイギリスは騙せないだろう
普通にわかることだ、またそんなことをしたらイギリスの面子が立たないのもわかるはずだ

48: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 15:58:10.282 ID:E08UgSFmd
フランスが三国干渉に一枚噛んだのも、ロシアに債権があった事とイギリスの独断的なオープンドアポリシーがあったから
そもそも日清戦争はイギリスのシナリオ
清解体のためには戦費による財政破綻が確実で、日本が滅びようと興味なかった
待ったを掛けたのはアメリカで、清日を早期に講和させ清の存続を図った

フランスは英と米日の関係を読み、三国干渉に乗っかったわけだ

51: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 16:03:06.535 ID:fdHd5WST0
>>48
そうだね、そして日本が「外交」というものを痛いほど理解した瞬間だ
何しろ日本は単独で清国に勝ったはずなのにむしろロシアの脅威が明確になっちゃったんだから

50: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 16:02:09.763 ID:/VKJpCIR0
戦史なんて飾りです
技術しかそれは分らんのです

55: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 16:38:45.555 ID:rCMgO90/0
おいやめろ!!!俺がついてけない!!!!

56: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 16:40:02.607 ID:rCMgO90/0
気づいたら自分が見たい方向に進んでよく調べられんかったわwwww
マスタングほんっとかっけえええええ

58: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 16:41:42.521 ID:6Yixvl9a0
ちゃんと日本の罪深さを学んで中国と朝鮮の人々に謝罪するんだぞ

59: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 16:42:40.799 ID:rCMgO90/0
>>58
ほんまな、まじ謝罪もんだわ

61: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 16:44:10.900 ID:6Yixvl9a0
>>59
お前には謝罪の気持ちが足りていない

63: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 16:44:47.630 ID:rCMgO90/0
>>61
なにしたら許してくれる?

65: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 16:47:14.186 ID:/VKJpCIR0
艦これなんてありゃクソゲーだぞ早めに辞めといた方が良いよ
ってのは置いといてマンハッタン計画について調べようぜ?
戦後を知るならこれは不可欠ってレベルに重要だぜ

69: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 16:50:31.570 ID:rCMgO90/0
>>65
ごめん、無視してた!さらっとwiki見た感じ原爆についてだったね。これがどう関係してくるんだ?

75: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 16:53:42.085 ID:/VKJpCIR0
>>69
そうまず戦後の戦史は冷戦から始まるんだ
ソ連アメリカが核を持って向かい合った時代だなここらへんの開始はナチスドイツが核武装しようとしたことに怯えたアメリカが原爆開発計画であるマンハッタン計画を打ち出したことから始まるんだ
(…なんかスレ見返したら太平洋戦争について知りたかったみたいね正直太平洋戦争には大して原爆って関わりなかったわ…)

76: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 16:55:43.451 ID:rCMgO90/0
>>75
別にいいんだよ!そこから派生する事っていっぱいあるんだから

90: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 17:11:34.242 ID:/VKJpCIR0
>>76
よしじゃあ話そう
まず20世紀初頭は物理学や化学の発展がものすごかったんだ(核分裂が発見されたのもここらへん、そして原爆の大体の仕組みが考えられたのが1939年)
そしてドイツは当時凄く先進的な科学技術を持っていたんだがナチスドイツが世界恐慌のゴタゴタに紛れて政権を取って以降優れたユダヤ人の科学者を追い出してしまった
彼らが逃げ込んだのがアメリカだな(彼らはアメリカの原爆開発の中心となって行く)
そしてナチスドイツは核分裂を使って凄い威力の爆弾を作る事を考えたんだ
当時のナチスにはハイゼンベルクって言うノーベル賞取った偉い科学者がいたりしたんだけど
連合国がウランの輸出をストップさせたりノルウェーにあった重水工場(これは原爆を作る資源になる)を空爆したりしたから作れなくなった
だけどアメリカはそれを知らずに「ナチスドイツが原爆を先に完成させてしまうんじゃないか…?」って言う恐怖を持っていたんだ
そしてグローブス准将と言う人の元でアメリカの原爆開発計画(マンハッタン計画)が開始されるんだ
2億ドルと10万以上の人を使ってウランの中に0.7%しか含まれていない原爆に使えるウランを取り出したりプルトニウムを作ったりしたんだ
そして1945年7月16日に世界最初の原爆が爆発させられた
原爆には2つの仕組みがあってまずウランやプルトニウムには臨界量ってのがあってそれを超えると爆発するんだけど圧縮すると爆発しやすくなる
だから圧縮しなければいけないんだけど2つ方法があって1つはウランにウランを爆薬で撃ち込む(これがのちのリトルボーイで今はこの方法は使われていない。プルトニウムでは出来ない)
で、もう一つは球状に爆薬を配置して真ん中に爆薬で一気に圧縮する(これがのちのファットマンで今はこっちが主流)
なんだけど前者は確実に爆発するから良いんだけど後者は凄い技術を必要とするから失敗しないように実験する必要があったんだ
これが7月16日のトリニティ実験
そしてそうこうしてるうちにアメリカが日本との諸島攻防戦を制してテニアンサイパンを手に入れた
原爆を持っていくのにインディアナポリスって巡洋艦が使われたんだけど原爆を運んだ帰り道に伊58号に撃沈されちゃったね
そしてサイパン島からはB-29って言う凄い高性能な爆撃機を飛ばして爆撃する事が出来た
凄い威力だったからなるべく無傷の都市を狙いたかったんだけどトルーマン大統領は都市に落として民間人を殺す事を嫌ってた
でもグローヴス准将が色々やって広島は軍事都市だ!って風潮にして原爆を投下させようとしたんだ
他には長崎京都東京湾新潟なんかが候補に挙がってた
そして広島と長崎に投下された
だけどアメリカだけがこれを独占する事を危惧した研究者やスパイによってソ連に情報が流出してソ連の首脳も危機感を覚えてたからソ連は1949年に原爆を開発
ちなみにこれはファットマンのパクリって言われてるね

冷戦がはじまった
完全に何も見ずに書いたから間違いがあったらすまん

94: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 17:13:01.384 ID:fdHd5WST0
>>90
なげー

95: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 17:14:13.535 ID:/VKJpCIR0
>>94
うるせえ原爆が出来て冷戦がはじまるまでをそれなりに詳しく1レスにまとめたんだぞ努力を評価してくれ

97: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 17:17:52.815 ID:rCMgO90/0
>>90
これを読んで物理で核反応勉強しててよかったって今思ったわwww
まぁ、いろいろ聞きたいことはあるがそんでどうなるんだ?

66: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 16:47:44.384 ID:fdHd5WST0
まず前提として日本は満州をロシアにとられるわけにはいかなかった
経済的にも地理的にも

日露戦争の結果が国民からマイナス評価を受けてたから意地もあるだろうな

71: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 16:52:18.855 ID:rCMgO90/0
>>66
ほーほー、そんでそんで

67: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 16:49:06.721 ID:fdHd5WST0
そして俺の主張はこうだ
「張作霖と手を結んでイギリスから嫌われるとかバカじゃね?」

71: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 16:52:18.855 ID:rCMgO90/0
>>67
ほーほー、そんでそんで

86: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 17:08:43.750 ID:E08UgSFmd
>>67
まず世界史の中心は仏独ロシアな
そこにイギリスとアンクルサムが出てくる
イギリスは海外覇権を目指したから、仏独ロシアと対立した
また、アンクルサムとも対立した

こっからは流れ

イギリスはロシアと東方問題で対立
アフガン取引でロシアは中央アジア進出を諦め、極東に一本化した
中国は俺のもんだとイギリスは自負して居たので、またロシアと対立
日本がどうしても必要になった
そこに、アンクルサムが参加
イギリスはアンクルサムを警戒するも、日露戦争以降アンクルが日本に接近
第一次大戦で、アメリカが台頭し、極東はアンクル主導になった

イギリスは、アンクルと中国、日本の関係を警戒し、とにかくアンクルを極東に入れないようにした
すると、今度はソ連が極東に進出
中国はアンクルと手を結ぶも、ソ連とも手打ちをした
イギリスはそんな中国を認めざるを得なかったわけだな

でも、日本はそんな中国を認められなかった
兵隊を出せばソ連に有利になる
とにかくアンクルとソ連を排除しないといけなかった
だから、軍閥の親玉を必要とし、中国国民党はギャングだと主張せざるを得なかった
ギャングの自壊を待ってたのさ

93: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 17:12:38.045 ID:rCMgO90/0
>>86
俺にはちょっと難しくて調べながらやってんだけど、形だけはみえてきた気がする

68: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 16:49:42.738 ID:/VKJpCIR0
戦闘の歴史は武器や技術の発展の歴史だと思って良い
戦史を学ぶにはそれが無きゃどうしようもない
WW1なんて近代の技術の象徴でしょ?
毒ガス機関銃ハーバーボッシュ法…

77: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 16:56:05.020 ID:fdHd5WST0
そこで日本政府は中国との関係を切って張作霖を支援するようになった
陸軍が送れるからだ、満州に日本軍がいればソ連の南下を止められる(かもしれない)

78: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 16:57:20.289 ID:AItasIg8M
やる夫で学ぶ第二次世界大戦なんてものもあったなあ

81: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 16:59:43.446 ID:rCMgO90/0
>>78
ありがとう!見てみる

79: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 16:57:54.527 ID:fdHd5WST0
聞いてるかー?
というかE08UgSFmdさんよこっからはあんたの意見なんで俺がかってに書くわけにいかないんだが

80: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 16:58:52.616 ID:rCMgO90/0
>>79
聞いてる。少しずつ色々wiki見ながらだからレスをしながらという訳にはいかないが...

84: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 17:03:59.969 ID:fdHd5WST0
>>80
なんで張作霖を支援しちゃまずいのかというと諸外国は中国政府に肩入れしてたし
中国政府は日本寄りだったけど頭のいい学生や卒業生は日本が嫌いだった
張作霖は反政府武装組織の親分だから日本がこいつを支援するのは中国に対する敵対行為だ

87: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 17:08:56.584 ID:rCMgO90/0
>>84
あーなるほど少しわかってきたそこの部分は

82: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 17:00:21.580 ID:rCMgO90/0
確かにあそこに軍がいればロシアの南下が防げるなぁ...

83: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 17:03:47.440 ID:rCMgO90/0
てかこれほどまでに文系を羨ましく思ったことはないよ。学生時代物理と数学ばっかしててほんと後悔。

85: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 17:04:50.339 ID:bu1TQ48Fa
面白そうだな俺なら動機から気になるかな
有名な戦争について研修した書物を何冊か読めばその辺も掴めそう

89: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 17:10:02.970 ID:rCMgO90/0
>>85
一緒に始めようぜ!

88: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 17:09:40.654 ID:fdHd5WST0
しかも悪いことに日本の送った派遣軍の連中は
抗日活動(反日ではなく具体的に日本を攻撃する活動)を撃退することで手柄争いを始めた
派遣軍の上部もエリートだったが出世で出遅れてたんだ

91: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 17:11:54.179 ID:x1KaU27q0
昔は戦史モノ漫画とか小説とかいっぱいあって面白くって楽しみながら学べたけどなあ

92: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 17:12:22.620 ID:fdHd5WST0
そうなると中国政府はどうする?
当然日本を公然と批難するよね?だって自国の領土で他国の軍が中国人を殺してるんだから

96: 以下、ツ速がお送りします 2018/02/21(水) 17:14:36.631 ID:rCMgO90/0
>>92
確かに気に食わんなそりゃ

元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1519186640/

この記事にリンクを貼る

この記事を紹介する際、下記ソースをご利用ください。


相互RSSが表示されます。最新ブラウザを使用下さい。
    コメントフォーム


    スポンサードリンク
    サイト情報

    アクセス有難う御座います

    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    メールフォーム
    Google トレンド
    tsusoku.comに関するツイート
    スポンサードリンク