カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
アンテナサイト
QRコード(スマホ版)
QRコード
相互RSSが表示されます。最新ブラウザを使用下さい。

このエントリーを含むはてなブックマーク記事のはてなブックマーク数 / 投稿日:

1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)11:23:37 ID:PrJ ▼このレスに返信

花開いて風雨多し

15: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)11:30:48 ID:Tcz ▼このレスに返信

春雨の木下にかかる雫かな

21: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)11:36:56 ID:PrJ ▼このレスに返信

>>15
きれいやねえ
春雨の木下に伝ふ清水かな って俳句もあるんやね

19: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)11:35:55 ID:tcu ▼このレスに返信

国破れて山河あり

20: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)11:36:37 ID:WmF ▼このレスに返信

>>19
城春にして草木深し

29: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)11:43:48 ID:PrJ ▼このレスに返信

>>19
>>20
二つで続いてるんやね
字面の奥の意味に変わらない美しさがあってええなあ

22: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)11:37:40 ID:eKY ▼このレスに返信

青は藍より出でて藍より青し

32: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)11:45:20 ID:PrJ ▼このレスに返信

>>22
これは個人的にもすこすこ

24: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)11:39:10 ID:rR3 ▼このレスに返信

夏草や兵どもが夢の跡

35: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)11:50:35 ID:PrJ ▼このレスに返信

>>24
やっぱり俳句は強いわね
>>25
まさかの
てか青椒ってピーマンやししとうのことなのね

25: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)11:40:12 ID:A3A ▼このレスに返信

青椒肉絲

26: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)11:41:39 ID:rR3 ▼このレスに返信

がぶり寄り

39: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)11:52:58 ID:PrJ ▼このレスに返信

>>26
何かと思ったら相撲の技なのかあ

27: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)11:42:01 ID:F3R ▼このレスに返信

少年老い易く学成り難し
一寸の光陰軽んずべからず
未だ覚めず池塘春草(ちとうしゅんそう)の夢
階前の梧葉(ごよう)已(すで)に秋声

43: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)11:55:38 ID:PrJ ▼このレスに返信

>>27
一行目しか知らなかったわね
池塘春草の夢って良いなあ

28: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)11:42:21 ID:aZs ▼このレスに返信

霜焼けを
溶かしておくれ
黒地蔵

45: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)11:57:46 ID:PrJ ▼このレスに返信

>>28
調べて草
知恵袋に詳しい解説があってさらに草

47: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)11:58:54 ID:eOo ▼このレスに返信

>>45
うろ覚えやけど一物の比喩やっけ?

48: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)12:00:35 ID:PrJ ▼このレスに返信

>>47
そうそう
何も知らなかったから普通に俳人の句かと

30: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)11:43:50 ID:BiZ ▼このレスに返信

八面玲瓏

50: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)12:03:18 ID:PrJ ▼このレスに返信

>>30
玲瓏って言葉は泉鏡花の文章で知って印象的だったわね
>>31
麻雀はわからんけど読みが凛としてええね

31: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)11:44:26 ID:dcB ▼このレスに返信

嶺上開花

33: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)11:46:34 ID:rR3 ▼このレスに返信

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

34: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)11:49:13 ID:F3R ▼このレスに返信

>>33
マザーテレサやったけ

51: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)12:06:14 ID:PrJ ▼このレスに返信

>>33
知らなくて調べたら原文もなかなかええ感じ

36: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)11:50:47 ID:pVK ▼このレスに返信

瑠璃も玻璃も照らせば光る

54: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)12:09:28 ID:PrJ ▼このレスに返信

>>36
玻璃の天って小説があったわね
瑠璃と玻璃の並びはさすがに綺麗だこと

37: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)11:51:32 ID:Xr5 ▼このレスに返信

綺麗

40: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)11:53:41 ID:eOo ▼このレスに返信

レッドアイズブラックドラゴン

88: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)21:42:40 ID:HLp ▼このレスに返信

>>40
初代のホーリーナイトドラゴンが好きでした

41: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)11:54:19 ID:Akx ▼このレスに返信

Carpe diem

61: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)12:16:10 ID:PrJ ▼このレスに返信

>>41
カルペ・ディエム
その日を摘め、一日の花を摘め うーん綺麗
古代ローマの詩なんて普段触れないから面白い

68: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)12:36:58 ID:Akx ▼このレスに返信

>>61
一日の花を摘め、というのはつまり「その日その日を楽しめ」という意味やで

81: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)12:59:25 ID:PrJ ▼このレスに返信

>>68
はえ~、細やかだけど素朴な美しさがあっていいわね
>>70
「色は匂う」けど「散って」、「浅い夢」に「酔うこともない」
きれいな言葉の後にその終わりが表れているのが寂しくもうるわしいねえ

84: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)13:10:34 ID:VlP ▼このレスに返信

>>81
たまらないわね
五十音のように無味な文字の羅列ではなく唄として機能を持ってなおかつこの世の真理であるという。実用的で美しいものが好きです

86: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)13:23:11 ID:PrJ ▼このレスに返信

>>84
実用という制限の中でこれだけのものつくれるって凄いよね
楽しかったわ、ニキにもありがとやで

46: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)11:58:01 ID:rR3 ▼このレスに返信

子供が生まれたら犬を飼いなさい
子供が赤ん坊の時、
子供の良き守り手となるでしよう。
子供が幼少期の時、
子供の良き遊び相手となるでしょう。
子供が少年期の時、
子供の良き理解者となるでしょう。
そして子供が青年になった時、
自らの死をもって子供に命の尊さを教えるでしょう

62: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)12:20:13 ID:PrJ ▼このレスに返信

>>46
色々見方はあるやろけど、純真な言葉ではあるわね
>>49
そりゃもう契りって言葉が上品ですもん

49: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)12:01:07 ID:Sa2 ▼このレスに返信

男女の契り
パコってるだけやろが

52: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)12:08:55 ID:VlP ▼このレスに返信

いろは唄
書こうとしたらエが出ないからやめた

64: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)12:27:35 ID:PrJ ▼このレスに返信

>>52
色々解釈があるみたいだけど見るだけで綺麗やね
唄の出だしと終わりが儚くてすこ

70: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)12:44:15 ID:VlP ▼このレスに返信

>>64
そう。始めと終わりが好き
趣味が近いようでなんか嬉しい
あさきゆめみしゑひもせす

53: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)12:09:01 ID:ml2 ▼このレスに返信

甚三紅

65: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)12:29:55 ID:PrJ ▼このレスに返信

>>53
渋い字面に反して淡い色をしてるなあ

55: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)12:10:14 ID:eOo ▼このレスに返信

ゑっっっっ

69: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)12:38:42 ID:PrJ ▼このレスに返信

>>55
ゑって「恵」って漢字の省略なの知らなかった
>>56
三島由紀夫の言葉なんやな
いかにも文豪らしいわね

56: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)12:12:05 ID:rR3 ▼このレスに返信

どんなに醜悪であろうと、自分の真実の姿を告白して、それによって真実の姿をみとめてもらい、
あわよくば真実の姿のままで愛してもらおうなどと考えるのは、甘い考えで、人生をなめてかかった考えです。
というのは、どんな人間でも、その真実の姿などというものは、不気味で、愛することの決してできないものだからです。

57: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)12:12:05 ID:Tcz ▼このレスに返信

74: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)12:48:56 ID:PrJ ▼このレスに返信

>>57
しないつもりでしてるのが おんJ
>>59
有名なことわざで勿論きれいだけど、調べたらそれぞれの症例(立つ=気が立つとか)に合う漢方の用い方が語源らしくて草

59: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)12:12:26 ID:JdU ▼このレスに返信

立てば芍薬
座れば牡丹
歩く姿は百合の花

60: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)12:13:39 ID:dGH ▼このレスに返信

男「月が綺麗ですね」

女「ええ。死んでもいいわ」

79: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)12:52:32 ID:PrJ ▼このレスに返信

>>60
死んでもいいわ、って二葉亭四迷の翻訳なんやねえ
この婉曲返し

66: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)12:33:00 ID:0er ▼このレスに返信

月に叢雲、花に風

67: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)12:33:39 ID:EqW ▼このレスに返信

さびしさは鳴る。
耳が痛くなるほど高く澄んだ鈴の音で鳴り響いて、胸を締めつけるから、せめて周りには聞こえないように、私はプリントを指で千切る。
細長く、細長く。紙を裂く耳障りな音は、孤独の音を消してくれる。

ー蹴りたい背中よりー

71: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)12:44:18 ID:Av1 ▼このレスに返信

最後に、我儘、気ままなお願いですが、あと1本と迫っておりました両リーグ200号本塁打。
この1本をファンの皆様の夢の中で打たせていただきますれば、これにすぐる喜びはございません。

89: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)21:49:10 ID:HLp ▼このレスに返信

>>71
これすごい上品な言葉遣いやんな

72: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)12:48:15 ID:za7 ▼このレスに返信

本当に価値のあるものは野心や義務感からではなく人間に対する愛と献身から生まれる(アルベルトアインシュタイン)

73: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)12:48:27 ID:NWz ▼このレスに返信

人生無根帯 人生根もなくへたもない

飄如陌上塵 道にさまよう塵あくた

分散逐風転 時の流れに身をまかすだけ

此已非常身 しょせんこの身は常ならず

落地為兄弟 同じこの世に生まれりゃ兄弟

何必骨肉親 えにしは親より深いのだ

得歓当作楽 楽しいときは歓んで

斗酒聚比鄰 友達集めて飲もうじゃないか

盛年不重来 若いときは二度とはこない

一日難再晨 朝が一日二度ないように

及時当勉励 生きているうちが花ではないか

歳月不待人 歳月人を待たないぜ

77: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)12:50:14 ID:rR3 ▼このレスに返信

愛することが罪だった
会えないことが罰だった

80: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)12:57:48 ID:aJJ ▼このレスに返信

全國に散在する吾が特殊部落民よ團結せよ。
長い間虐(いじ)められて來た兄弟よ、過去半世紀間に種々なる方法と、多くの人々によってなされた吾らの爲の運動が、何等(なんら)の有難い効果を齎(もた)らさなかった事實は、
夫等(それら)のすべてが吾々によって、又他の人々によって毎(つね)に人間を冒涜されてゐた罰であったのだ。
そしてこれ等の人間を勦(いたわ)るかの如き運動は、かえって多くの兄弟を堕落させた事を想へば、
此際(このさい)吾等(われら)の中より人間を尊敬する事によって自ら解放せんとする者の集團運動を起せるは、寧ろ必然である。
兄弟よ、吾々の祖先は自由、平等の渇仰者(かつごうしゃ)であり、實行者であった。陋劣(ろうれつ)なる階級政策の犠牲者であり、男らしき産業的殉教者であったのだ。
ケモノの皮を剥ぐ報酬として、生々しき人間の皮を剥ぎ取られ、ケモノの心臓を裂く代價(だいか)として、暖かい人間の心臓を引裂かれ、
そこへ下らない嘲笑の唾まで吐きかけられた呪はれの夜の惡夢のうちにも、なほ誇り得る人間の血は、涸(か)れずにあった。
そうだ、そして吾々は、この血を享(う)けて人間が神にかわらうとする時代にあうたのだ。
犠牲者がその烙印(らくいん)を投げ返す時が來たのだ。殉教者が、その荊冠(けいかん)を祝福される時が來たのだ。
吾々がエタである事を誇り得る時が來たのだ。
吾々は、かならず卑屈なる言葉と怯懦(きょうだ)なる行爲によって、祖先を辱しめ、人間を冒涜してはならなゐ。
そうして人の世の冷たさが、何(ど)んなに冷たいか、人間を勦いたわる事が何であるかをよく知ってゐる吾々は、心から人生の熱と光を願求禮讃(がんぐらいさん)するものである。
水平社は、かくして生れた。
人の世に熱あれ、人間(じんかん)に光りあれ。

85: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)13:21:12 ID:PrJ ▼このレスに返信

流石に疲れてしまったわね
もうそろそろ外出もするしこんなところで
コメント出来なかった分もあるけどみんな綺麗な言葉を教えてくれてありがとやで~

引用元
きれいな言葉が集まるスレ
コメントフォーム



この記事にリンクを貼る

記事のURL:
紹介する際、下記ソースをご利用ください。


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

サイト情報
メッセージ
記事検索
ありがとうございます