カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
相互RSSが表示されます。最新ブラウザを使用下さい。

このエントリーを含むはてなブックマーク記事のはてなブックマーク数 / 投稿日:

1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/22(土)01:20:53 ID:Fic ▼このレスに返信


一緒じゃね?

2: 名無しさん@おーぷん 2018/09/22(土)01:22:10 ID:roQ ▼このレスに返信

そもそもなぜその二つを比べるのか

3: 名無しさん@おーぷん 2018/09/22(土)01:22:28 ID:Fic ▼このレスに返信

>>2
違いがわからないからだよ

4: 名無しさん@おーぷん 2018/09/22(土)01:22:48 ID:395 ▼このレスに返信

それほど似てるか?

5: 名無しさん@おーぷん 2018/09/22(土)01:22:53 ID:zab ▼このレスに返信

持論は個人がもつ哲学とか議論とかのこと

6: 名無しさん@おーぷん 2018/09/22(土)01:23:31 ID:Fic ▼このレスに返信

>>5
いまいちわからん
もう少しわかりやすく頼む

9: 名無しさん@おーぷん 2018/09/22(土)01:25:30 ID:roQ ▼このレスに返信

哲学に関係のない考えでも持論にはなるけど哲学にはならない
まぁ哲学の定義によるかもしれんが

11: 名無しさん@おーぷん 2018/09/22(土)01:26:02 ID:Fic ▼このレスに返信

>>9
そうそう、哲学の定義がわからん

12: 名無しさん@おーぷん 2018/09/22(土)01:28:01 ID:roQ ▼このレスに返信

>>11
そのあたりは哲学関係の本を読み漁って自分なりに答えを見つけるしかないんじゃね

古代ギリシアでは学問一般を意味し、近代における諸科学の分化・独立によって、
新カント派・論理実証主義・現象学など諸科学の基礎づけを目ざす学問、生の哲学、
実存主義など世界・人生の根本原理を追及する学問となる。認識論・倫理学・存在論などを部門として含む。
 ̄?『広辞苑』第五版、岩波書店、1998年、「哲学」より

14: 名無しさん@おーぷん 2018/09/22(土)01:29:31 ID:Fic ▼このレスに返信

>>12
哲学の定義の中に「生の哲学」がある時点でもはやよくわからなくなった

15: 名無しさん@おーぷん 2018/09/22(土)01:30:54 ID:roQ ▼このレスに返信

→世界・人生の根本原理を追及する学問
「根本原理を追及」って部分が重要かもしれん

16: 名無しさん@おーぷん 2018/09/22(土)01:31:55 ID:vlk ▼このレスに返信

哲学は、なんで?って考える事
持論はそいつの経験則

17: ◆vWbdXpni/g 2018/09/22(土)01:31:58 ID:TSL ▼このレスに返信

8が言ってることがただしい気がする俺は阿呆なのか・・・

18: 名無しさん@おーぷん 2018/09/22(土)01:33:44 ID:Fic ▼このレスに返信

黄色い熊のプーカスが言ってる
何もしてないをしているから忙しい
っていう言葉は哲学なのか持論なのかどっち?

19: 名無しさん@おーぷん 2018/09/22(土)01:34:56 ID:WRb ▼このレスに返信

哲学とはものの考え方を考えること
例…私とは何か(私は私自身をどのように考えればよいのか)

>>18
ただの虚偽の申告です

20: 名無しさん@おーぷん 2018/09/22(土)01:37:25 ID:Fic ▼このレスに返信

>>19
したらソクラテスの言う

より良く生きる道を探す事が最高の人生だ

っていうのは持論とどう違うのかわからん
お前の持論やんって突っ込んだらそれまでじゃない?

21: 名無しさん@おーぷん 2018/09/22(土)01:38:40 ID:vlk ▼このレスに返信

>>20
哲学した結果の持論じゃないの?

29: 名無しさん@おーぷん 2018/09/22(土)01:47:23 ID:WRb ▼このレスに返信

>>20
ソクラテスとかいう野郎については知らんが色んな可能性があると思う
①ソクラテスはテツガク的に頑張って考えた結果「より良く生きる道を~」という考えに至り自分の考えとした
 「より良く生きる道を~」は哲学にしてソクラテスの持論である

②ソクラテスはなんとなく「より良く生きる道を~」と常日頃思っている
 「より良く生きる道を~」は哲学ではないがソクラテスの持論である

30: 名無しさん@おーぷん 2018/09/22(土)01:50:05 ID:Fic ▼このレスに返信

>>29
人間がいい方向に共存するための思想の学問でオッケーなのかな?

31: 名無しさん@おーぷん 2018/09/22(土)01:51:14 ID:WRb ▼このレスに返信

>>30
そんな方向性はないと思う
五分前仮説で人類豊かになんねーし

32: 名無しさん@おーぷん 2018/09/22(土)01:52:34 ID:Fic ▼このレスに返信

>>31
難しいな

22: 名無しさん@おーぷん 2018/09/22(土)01:40:57 ID:roQ ▼このレスに返信

例えば消費税導入とかについて持論を持っていたとして
それが宇宙の始まりとか生き方とか思考とか生命とかについて考えているといえるかね?

24: 名無しさん@おーぷん 2018/09/22(土)01:42:53 ID:Fic ▼このレスに返信

>>22
宇宙の始まりや生き方、思考とか生命について考えるのが哲学って事でオッケーってこと?

28: 名無しさん@おーぷん 2018/09/22(土)01:46:11 ID:roQ ▼このレスに返信

>>24
それらは適当に挙げただけだが
消費税導入の是非に関して持つ持論が哲学だと自分は思えないかなあ

23: 名無しさん@おーぷん 2018/09/22(土)01:41:02 ID:Azf ▼このレスに返信

ニートとかコミュ障ぼっちのキモオタって哲学大好きだよね

26: 名無しさん@おーぷん 2018/09/22(土)01:43:31 ID:Fic ▼このレスに返信

>>23
だったらここにはまだニートのキモオタはいないな

25: 名無しさん@おーぷん 2018/09/22(土)01:43:20 ID:cUh ▼このレスに返信

多くの人間は、子供の頃に自我が芽生える流れでちょいと行き過ぎて、
「自分は他者と違う>自分は特別な存在>俺ってすげー」と思い込むんだよ。

大抵そんな思い込みは、成長する過程で折られ曲げられ打ち砕かれるんだが、
そうでない人は、大して凄くもない自分の存在と「俺すげー」のギャップを埋めるのに四苦八苦する。

その苦労の過程が哲学だ

・・・と、こういうのを「持論」という

27: 名無しさん@おーぷん 2018/09/22(土)01:45:23 ID:Fic ▼このレスに返信

>>25
あー、それがどこかのレスにあった個人の経験則か
ちょっとわかったわ

33: 名無しさん@おーぷん 2018/09/22(土)01:53:33 ID:roQ ▼このレスに返信

持論の意味ははっきりしてるけど哲学の定義があやふやだから
客観的な答えはでないと思う

34: 名無しさん@おーぷん 2018/09/22(土)01:54:48 ID:Fic ▼このレスに返信

>>33
やっぱそうよね
持論や思想ってパッと意味わかるけど、哲学って簡単に説明されない

35: ◆vWbdXpni/g 2018/09/22(土)01:56:43 ID:TSL ▼このレスに返信

哲学は思考することの学問やら研究の学問やらが混在しているからわかりにくいよね

36: 名無しさん@おーぷん 2018/09/22(土)02:01:17 ID:Fic ▼このレスに返信

難しい言葉を使ってフワッとよくわからなくしてなんとなくあーこいつなんかスゲェ事言ってるんだなって思わせたら哲学なんかな…

38: 名無しさん@おーぷん 2018/09/22(土)17:31:44 ID:oc1 ▼このレスに返信

持論はその人だけが考えていること

哲学は広くその持論を世の中に問うこと

引用元
持論と哲学の違いがわからない
相互RSSが表示されます。最新ブラウザを使用下さい。

この記事にリンクを貼る

記事のURL:
紹介する際、下記ソースをご利用ください。


コメントフォーム


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

サイト情報
メッセージ
記事検索
ありがとうございます